WinSCPで新しく更新されたファイルのアップロード


FFFTPからWinSCPに移行での注意点に書きましたが、WinSCPでも、パソコン側で更新したファイルだけをサーバーにアップロードすることができます。

WinSCPで、更新ファイルのみをアップロードする簡単な仕方で探しても適切なページが見つからなかったので書いています。WinSCPで簡単に更新ファイルをアップロードするには同期の機能を使うだけですが、同期の機能は簡単に使えます。

画像はFFFTPからWinSCPに移行での注意点に載せていますが、メニューのコマンドの同期で更新したファイルの上書きと、新しいファイルのアップロードができます。

FFFTPでドラッグして更新ファイルと新しいファイルをアップロードしていたことからすると、同期となると操作が難しそうですが、そんなことはないです。

同期の方向をローカル→リモートにして、同期チェックリストで表示されるリモートの矢印を見てアップロードすれば、新しく更新されたファイルだけをアップロードできます。

WinSCPがあると便利に更新できるので、htmlサイトでも更新しやすいです。こういうソフトが無料であるのに使わないのはもったいないですが、FFFTPのほうに慣れているから使っていない人も多いのではないかと思います。

画像のように転送設定を「更新されたファイルのみ」にしても、ドラッグしてのアップロードでは更新されたファイルのみにはならないで、全ファイルがアップロードされました。

winscpの更新ファイルの画像

「転送設定の初期値を設定」の編集画面で、「新しい/更新されたファイルのみ」にしても、ドラッグしてファイルをアップロードすると全ファイルがアップロードされてしまいました。

winscpの転送設定の画面

これがFFFTPとは違うところで、FFFTPではドラッグで新しく更新されたファイルだけをアップロードできました。WinSCPでは同期で新しく更新されたファイルをアップロードします。

コマンドのミラーリングアップロードはファイルを監視し続けてアップロードする時に使うので、1度だけのアップロードは同期でします。

パソコン側とサーバー側でのファイル比較で、更新ファイルも新しいファイルもない場合には、「違いはありませんでした」というアラート画面が出ます。

winscpのアラート画面

このアラート画面が出るとファイルを全くアップロードしません。


関連記事